参加者の声【インナーチャイルドWS in 北軽 2022 vol.1】みんながみんな自分なんだ

3回このワークショップに参加し、今回が一番衝撃的でした。今まで自分が向き合ってこなかった問題に気づきました。とても大きな問題でどうして今まで気づかなかったのか不思議です。
今までアトリエワイエスのワークショップに参加して、経験を積んできたからこそ向き合える時が来たのだと思ってます。

今回のWSは主宰する側も参加する側も色々とても大変だったと感じてます。みんながみんな、違う段階へのチャレンジとして断崖(エッジ)に立たされました。全て今だから出てきた現象なのだと感じています。

参加した一人一人もいつもながらとても素晴らしい方々でした。
なかなかチャレンジできずエッジでうろうろしていた私を力づけ、一緒に崖から飛び降りてくれたように感じてます。
私一人のために色々ワークを真剣に考えてくれて本当にうれしかったし感動しました。
初めて人を信頼することができたし、チームワークの強さが分かった気がします。

今まで私は人と何かを分かち合うことができず、せせこましい生き方をしてきてしまいました。
グループやチームとしてワークに取り組むことで自分の問題が明るく、軽くなったり、積極的な気持ちや勇気が強化されました。

分かち合い、アートで表現することでネガティブだったものが美しくパワフルに、ある意味ドラマティックに変容する様が素晴らしかったです。
ネガティブをポジティブに変える力がアートにはあるのだと知りました。苦しければ苦しいだけ、ネガティブならネガティブなだけドラマティックで深いヒダや味を持ったストーリーというかアートが生まれるのではないか、ネガティブもポジティブもないのではないか、と感じました。

インナーチャイルドに乗っ取られ、手に負えない子供になる自分もアダルトでペアレントな自分がなんとかできる、自分をもっと信用してみようと思えました。
ただ自分を客観的にみるために他人という存在が必要なのだ、みんながみんな自分なのだ、だから私たちはグループでチームで一つのワークに取り組んでいるのだと強い気持ちで一つ一つのワークに取り組めました。一つ一つのワークと一人一人の参加者、場所、すべてに感謝しています。

すごいWSでした。
WS中や参加前は色々あったけど、今となってはとってもストレスなく自然に流れるように参加して、取り組めた、と感じてます。
アトリエワイエスのおかげです。みんなの真剣な取り組みがこの素晴らしいWSになったのだと思ってます。参加できて本当に良かったです。